1枚くらいは持っている・電子マネー・ナナコ・スイカ・パスモなど カードと名の付くものを集めてみてみましたが・・・

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1枚くらいは持っている


最近、流行ってる感のある電子マネー パスモ電子マネーなんですけど。
そのパスモもやっと販売開始とか。。。 今度こそ購入希望(>_<)


「PASMO(パスモ)」などの交通ICカードを利用し、環境にやさしい行動をすればポイントがたまる実験を、東京急行電鉄と横浜市が共
同で開始する。

実際に電子マネーを利用して感じたのは
小銭をいちいち出さなくて便利かも~ と感想を持ってます。

一枚持ってます。 コンビニで利用できるカード
nanakoですけど(*^^) 毎回、チャージ・現金の継ぎ足し。。。
庶民ですから小銭くらいしか持てなくて(>_<) 千円のチャージ
でもポイントがかなり貯まりました。 400ポイント!
そのポイントを電子マネーとして小銭代わりにまた使えるのである。


マイカーから鉄道利用への転換など環境に配慮した行動を促進するのが狙い。こうした試みは全国で初めてという。
 独自の「横浜環境ポイント」を取得できるこの実験は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業として、9月下旬から12月下旬まで3カ月間にわたって実施する。JR東日本が発行する「Suica(スイカ)」も利用できるように調整を進めている。


実験ですと? 何事も事前確認は重要ですねぇ~ 
パスモのように、いざ発売!となって、在庫不足~って想定できるでしょ。。。 所持してない人が購入することもあり得るし!


 例えば土休日に市営地下鉄センター南駅を利用して、港北東急百貨店ショッピングセンターに来店し、特設タッチパネルに交通ICカードを接触させれば10ポイントが得られる。買い物や飲食などをした場合には、支払いが多くなれば、取得ポイントも大きくなる。横浜市が指定した環境学習などに参加した場合にもポイントがもらえる。

設定がいろいろと予想されていて先を見越しているから、恐らく不足~なんてなさそうかも。


 たまったポイントは、市営地下鉄乗車券や「TOKYUポイント」などと交換できる。東急と横浜市は期間中に8万人の参加を見込み、発行ポイント総数は200万ポイントに達するとみている。今回の実験結果を踏まえ、来年にはさらに多くの鉄道事業者と連携し、より広い範囲で展開する計画だ。


そのような名称のポイントがあるんですね。
都内なので都バスとかしか利用しないから知らなかったけど。
で、都バスとかもそのような設定になれば… もっと利用者が増えそう。 利用できる店舗とかもあれば益々利用価値が。。。
スイカはJRさんに任せて、パスモはバス業者さんに任せて…。

今度こそ、パスモ入手した~い(>_<)



≪引用:イザ≫


スポンサーサイト
Copyright © 電子マネー・コレクション All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。